東北学院大学ホームページ

図書館TOP

     >     お知らせ      >     
2016年10月12日 更新
ホームカミングデー特別企画「中央図書館貴重書展示」
 このたび中央図書館では、第17回ホームカミングデー特別企画として所蔵する貴重書の一部を下記により展示することになりました。
 ダンテの代表作『神曲』のインキュナブラとその際に館蔵書となったドイツ人画家のモニカ・バイスナーによる独創的かつ幻想的な挿絵が入った2007年刊行の「神曲」及びサルバドール・ダリが、1965年ダンテ生誕700年の記念祭のために「神曲」をテーマに水彩画を描きましたが、1963年にこの水彩画をもとに版画作品集として出版された「地獄篇」「天国編」を公開いたします。
 インキュナブラとはグーテンベルグによる活版印刷の発明(1445年頃、羅針盤、火薬の発明とならぶ世界三大発明のひとつ)から15世紀のうちに刊行された書物の総称であり、「初期刊行本」、「揺籃期本」とも称されています。書物の歴史の中でも特別な地位にある書物群であり、出版文化の黎明と知の伝播を如実に体現するものです。
 『神曲』の自筆原稿は存在しません。しかし、ダンテの原稿は1300年代から1400年代にできた600以上の写本(最古のものは1336年と考えられている)によって保たれ、まさにグーテンベルグの登場によって世界に広まっていったのです。
 通常は非公開となっている貴重な資料を、是非この機会にご覧ください。
< 展 示 概 要 >
第17回ホームカミングデー特別企画
東北学院大学中央図書館「貴重書展示特別公開」
日 時:2016年10月15日(土)11:00~16:00
会 場:東北学院大学中央図書館1階ロビー展示コーナー
※ホームカミングデー特別企画ですが、同窓生に限定せず一般(15歳以上)の方もご覧いただけます。