東北学院大学ホームページ


図書館TOP

     >     

図書館について

     >     沿革
図書館について
ABOUT LIBRARY
沿革
HISTORY
1886年 (明治19) 押川方義、W.E.ホーイの協力によって「仙台神学校」創立
1888年 (明治21) ジョン・オールト記念館の一室に書籍室、縦覧室を設ける
1891年 (明治24) 仙台神学校校舎落成
新校舎の一部に

ケルカー記念図書館

を設ける
1926年 (大正15) 仙台市南六軒丁に専門校舎(現在の本館)が完成し、一室に図書室を設ける
1953年 (昭和28) シュネーダー記念東北学院図書館開館(現在の大学院棟)
1962年 (昭和37) 工学部(多賀城キャンパス)新設と同時に工学部図書室が設けられる
1982年 (昭和57) 多賀城キャンパス図書館完成
1985年 (昭和60) 新シュネーダー記念東北学院大学図書館開館
大学院棟完成(旧シュネーダー記念図書館を改修)と同時に、分散していた文・経・法3研究科の図書を大学院図書館としてひとつにまとめる
1986年 (昭和61) 東北学院創立百周年
1988年 (昭和63) 泉キャンパス新設、泉キャンパス図書館開館
シュネーダー記念東北学院大学中央図書館に名称変更
1996年 (平成8) 図書館システムGAINS(Gakuin Academic Information Network System)稼動
2001年 (平成13) GAINS Ver.2 稼動
2002年 (平成14) 大学院図書館の組織・業務を中央図書館へ移管